(滋賀)多賀大社を訪問。多賀杓子を始めとして由緒ある神社。縁結びや金運上昇祈願も!(α7Ⅲ)

ビックカメラ.com

はじめに

1月1日に多賀大社を訪問しました。

元旦で初詣の人で賑わっていたのですが、とても懐が深い神社に感じました。
境内は不思議と、とても居心地が良かったです。
伊勢神宮との両参りをしましょう!となっていますが、そうでなくてもいい神社だと思います。

病気平癒、延命、また、金運上昇の願いを込めて訪問してみてください。

私は時間の都合で摂社・末社を回り切れなかったのですが、また訪問したいと思う神社でした。

祭神

伊邪那岐大神(いざなぎのおおかみ)
伊邪那美大神(いざなみのおおかみ)

古事記では、日本の国生みをした日本最初の夫婦として知られていますね。

社格・ご由緒

社格

式内社で、旧社格は官幣大社。現在は神社本庁の別表神社。

ご由緒

なぜ多賀大社が2柱を祀っているのかは、Wikipediaに1説が紹介されていました。

Wikipediaより

和銅5年(西暦712年)編纂の『古事記』の写本のうち真福寺本には「故其伊耶那岐大神者坐淡海之多賀也。」「伊邪那岐大神は淡海の多賀に坐すなり」(いざなぎのおおかみは あふみのたがに ましますなり)との記述があり、これが当社の記録だとする説がある。

ただし、淡海は、淡路の誤写である可能性が高いとのことでした。

信仰については、多賀大社のホームページに記載されていました。

多賀大社ホームページより

古くから「お多賀さん」の名で親しまれる滋賀県第一の大社です。
日本最古の書物「古事記」によると、この二柱の大神は神代の昔に、初めて夫婦の道を始められ、日本の国土、続いて天照大神をはじめとする八百万(やおよろず)の神々をお産みになられました。

生命(いのち)の親神様であることから、古く「延命長寿・縁結び・厄除け」の神様として信仰を集め、鎌倉時代から江戸時代にかけては、武家や民衆にも信仰が広まり、多賀大社の分祀社は全国239社を数えます。

なお、室町以降には伊勢との両詣り(参り)で盛り上げていたそうです。
伊弉諾と伊邪那美の子供が、天照大神ですからね。

お多賀杓子

元正天皇の病気に際し、多賀大社の神主さんが飯を炊き、しでの木で作った杓子を献上したことで、天皇はたちまち治癒されたと伝えられます。そのため、病気平癒や延命長寿の御利益があるとされています。

杓子は「お多賀杓子」として有名です。
そして、「お多賀杓子」が「おたまじゃくし」の語源とされています。

訪問記

鳥居とそり橋(太鼓橋)

鳥居です。1月1日だったため、すごい人出でした。

神社の全景です。
とても広い神社です。

鳥居をくぐると、石づくりのそり橋(太鼓橋)があります。
豊臣秀吉が母親の延命長寿を祈願して寄進たらしく、「太閤橋」とも呼ばれます。
(※歩いて渡ることはできません)

そり橋(太鼓橋)の説明です。

太鼓橋を過ぎると入口の御神門です。

手水舎

手水舎です。人が多かったです。

手水舎を過ぎると、焚火がありました。

本殿

本殿です。

たくさんの人だったため、私はよこからお参りすることにしました。

非常に横に大きく立派な社殿です。

 

廊下です。とても綺麗です。

彦根城が近いこともあり、徳川家と繋がりが強いと思われます。
徳川の家紋入りです。

摂社・末社

一覧です。
全てを廻ることはできなかったため、一部を紹介します。

金咲稲荷神社

本殿の右奥に鎮座しています。

祭神:宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)
 金運にご利益があると言われています 

入口です。

手水舎です。

鳥居をくぐって進みます。

神社です。

ご由緒です。

天満神社

入口に近い場所にあります。
祭神:菅原道真

三宮神社・聖神社・熊野神社・天神神社・熊野新宮

三宮神社:建築土木
聖神社 :諸病平癒

熊野神社:厄除
天神神社:殖産興業
熊野新宮:子授け

年神神社・竈神神社

年神神社:五穀豊穣
竈神神社:家内安全

子安神社

子安神社:安産

愛宕神社

愛宕神社:防火
祭神:火産霊神、伊邪那美神

秋葉神社

秋葉神社:火伏せ
祭神:火之迦具土神 ( ヒノカグツチノカミ )

能舞台

かなり立派な能舞台です。

舞奉納がありました。

寿命石

寿命石です。

夫婦桜です。

御朱印

3種類の御朱印があります。

私は、本社と「御縁結び」の御朱印をいただきました。

住所・地図

住所:〒522-0341 滋賀県犬上郡多賀町大字多賀604
(彦根駅から、近江鉄道で「多賀大社前」駅で下車。徒歩10分程度とのことです)

その他

門前町は出店で賑わっていました。
「笑門」っていいですね。

遠くに雪をかぶった山が見えます。

途中、ご神田の前を通りました。

最後に

駐車場への移動も含めて40分少々しか時間がなかったため、全体を見て回ることができませんでした。
とても広い神社であるため、時間をとってまた訪問したいと思っています。

ただ、本殿の周辺を歩いているだけでも、とてもいい気分になれました。
自分に合っている神社なのかもしれません。

摂社は全部回れなかったため、別途で訪問できときにお詣りしたい、と考えています。

では、皆様にもよいGOENを!

デアゴスティーニ

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA