(福岡)宮地嶽神社の奥の宮8社を訪問。御朱印は2回に分けて頂きます!しかも古墳あり!(α7Ⅲ)

宮地嶽神社 奥の宮

ビックカメラ.com

はじめに

宮地嶽神社の本宮(表側)の紹介をしました。

宮地嶽神社 光の道

(福岡)宮地嶽神社を訪問。光の道と言われる、海まで一直線の道が圧巻!(α7Ⅲ)

今回は奥の宮を紹介します。
奥の宮、じつは古墳(1社)を中心に、7社を配した不思議な作りとなっています。

スタンプラリーや御朱印もそれぞれ用意してくれており楽しい仕掛けがあります。
全部まわると、心願が成就するとも言われています。

是非、宮地嶽神社を訪問したら、奥の宮ものぞいてみてください。

御祭神

各摂社をご覧ください。

また、宮地嶽神社の本社はこちらを参照ください。

宮地嶽神社 光の道

(福岡)宮地嶽神社を訪問。光の道と言われる、海まで一直線の道が圧巻!(α7Ⅲ)

由緒

8社をそれぞれ巡ったら大願が成就すると言います。

不動神社のある石古墳が発祥になっているとのこと。
(古墳跡地に不動明王を祀り、周りに7社を配したようです)

訪問記

奥宮の入口

御本殿そばにある看板そばをくぐります。

奥の宮入口の鳥居があります。

奥の宮八社のご紹介

1.七副神社

七福神が祀られています。

七福神に興味のある方は、こちらも参照ください。

(兵庫)淡路島七福神巡りをしてきました!前編(α7Ⅲ)

(兵庫)淡路島七福神巡りをしてきました!後編(α7Ⅲ)

2.稲荷神社

稲荷神社の鳥居です。

朱色の鳥居が続きます。

宮地嶽神社 奥の宮

稲荷神社です。
毎年、2月最初の丑の日に招福だんご祭があるとのこと。

3種類のだんごが振舞われます。それぞれご利益に意味があるそうです。
・きなこ :家内安全
・あずき :商売繁盛
・みたらし:五穀豊穣

お参りします。商売繁盛の神様のため、仕事向上を祈願しました。

3.不動神社

不動神社は、古墳の上に鎮座しているそうです。
 日本で最大の横穴式石室を持つ巨石古墳(国の指定史跡) とのことです。

6世紀末から7世紀にかけてのもので、全長23メートル。
高さ、幅とも5メートルを超す石が積み重なっており、宗像の古墳群とは異なるようです。

古墳からは、馬具、刀装具、緑に輝く瑠璃玉や硝子板など約300点もの宝物が出土したそうです。
宮地嶽を支配していた、豪族の力が分かる発見と思われます。

 この古墳跡地に不動明王を祀り、周りに7社を配した そうです。

不動神社の手水舎です。

御祭神:不動明王(右手に剣、左手に縄を持ち、災厄を取り除いてくれます)

毎年1月28日には孝養ローソク神事があるそうです。
(お供えされた、1万本の孝養ローソクに不動明王の霊火を灯し先祖供養、家内安全、開運厄除を祈願するそうです)

毎年2月28日にはぜんざい祭りがあり、ぜんざいが振舞われるそうです。
(一心に願いを込めてお祈りすれば、善哉(よきかな))

不動神社の本殿です。

不動神社では、線香とローソクを供える風習があるそうです。

近くにはこういったものもありました。

ひょっとして、ぜんざい祭りに使われるお釜でしょうか・・・。

4.万地蔵尊

旅人や子供を見守ってくれるお地蔵様とのことです。

5.恋の宮(淡島神社、濡れ髪大明神)

恋愛祈願です。
恋人ができますように・・・!と・・・!

2社が同時に祀られています。

淡島神社 :淡島様(婦人病にご利益があると言われています)
濡髪大明神:濡髪様(恋心を叶えてくれると言われています)

6.三寶大荒神

火除けの神、竈の神が祀られています。
祈願線香を供えてお参りするそうです。

お参りします。

そばに鶴と竈がありました。

7.水神社

水神様です。

龍がいます。

そして、水神社です。
御祭神:水波能売命(みすはのめのみこと;万物の源・水を司る神様です)

8.薬師神社

薬師神社です。

御祭神:薬師の神(病気の人々を救ってくれるそうです)

御朱印など

御朱印

奥宮の御朱印をいただくのは、2か所でいただきます。
1)本宮の社務所で文字のみを書いてもらいます。
2)奥の宮の社務所でハンコを押してもらいます。

2つに行かないと、御朱印が完成しないようになっています。
個人的にはそれで良くて、正しい仕組みと思います。

8社あるため、全部で御朱印も8種類になります。

1)七副神社

2)稲荷神社

3)不動神社

4)万地蔵尊

5)恋の宮(淡島神社、濡れ髪大明神)

6)三寶大荒神

7)水神社

8)薬師神社

スタンプラリー

宮地嶽神社には、スタンプラリーがあります。
各奥の宮のお社にスタンプが置いてありますので、台紙に押していきます。
(※台紙は表の社務所に置いてありました)

宮地嶽神社 奥の宮

場所

宮地嶽神社の本社を参照ください。

宮地嶽神社 光の道

(福岡)宮地嶽神社を訪問。光の道と言われる、海まで一直線の道が圧巻!(α7Ⅲ)

最後に

宮地嶽神社の奥の宮を訪問しました。

表の本宮の前に、奥の宮の古墳がありそれを地元の人は祀っていた。(海の民の方々)
それにあやかり、神功皇后は韓国へ向かった・・・という流れを私は想像してしまいました。
どうでしょうか。

叶えたい願いをもって、是非、宮地嶽神社の奥の宮の8社を参拝してみてください。

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デアゴスティーニ

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA