(大阪)サムハラ神社を訪問。不思議なパワーのある神社でした(RX100 M7)

ビックカメラ.com

はじめに

大阪の阿波座にあるサムハラ神社を訪問してきました。
小ぢんまりした神社ですが、とても神聖な気分になれる神社でした。

ご祭神

祭神は天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神であり、〓は三神の総称。

『古事記』によれば、天地開闢の時、最初に天之御中主神(あめのみなかぬし-)が現れ、その次に神産巣日神(かみむすび-)と共に高天原に出現したとされるのが高御産巣日神(たかみむすび-)という神である

なるほど、天地開闢の3柱の神様なんですね!
めちゃくちゃパワーありますね!!

奥の院が岡山県津山市の美作加茂にあるそうです。

御由緒

創建は1950年(昭和25年)です。
サムハラ神社は、漢字で〓神社と書きます。


無傷無病、延命長寿の神として知られる。〓(サムハラ)とは不思議の4文字で、身を守ると言われている。これは漢字のような文字であるが、神字であり漢字とは異なる。Unicodeには、〓のみが収録されておらず、活字変換は不可。他の文字は全てCJK統合漢字拡張Cに収録されている。
東大寺(印西東大寺)(千葉県印西市)、雷山千如寺大悲王院(清賀上人により十転化の功徳があるという)など各地の寺社のお守りの呪文に使用されている。

ちなみに、創設者田中 富三郎(たなか とみさぶろう)という「田中大元堂」を経営していた万年筆業界の先駆者の方だそうです。奥の院はこの方の実家の方面みたいですね。

訪問記

神社の外

この神社に参拝して、「ご利益があった」という方々の看板が掲示されています。

神社の外観

西側の入り口です。

大きな看板と共に、社号標と鳥居があります。

北側の入り口です。

境内の様子

境内に入ると、左に手水舎、正面に拝殿が見えます。

手水舎です。

拝殿です。

お参りします。

拝殿の左に回ることができました。横から拝見します。

拝殿のすぐ左に大きい木が見えました。
御神木のようです。創建した方の銅像が横にありました。

御神木です。

拝殿から入り口を見た景色です。この左側に社務所があります。

注意事項

サムハラ神社では、以前指輪を頒布していたそうです。
しかし、現在では中止されています。

行列や駐車マナーが悪かったり、転売が多かったから、だそうです。
また、再開されたら、と思います。

御朱印と行き方

御朱印

御朱印帳を持ってくるのを忘れてしまっていたため、紙でいただきました。

行き方

中央線の阿波座駅が近い様ですが、
私は心斎橋駅から歩いて行きました。オリックス劇場から凡そ15分程度でした。

さいごに

小ぢんまりした神社ですが、天地開闢の3柱を祀るパワーを感じる神社でした。

指輪の頒布を中止しているのは、とてもザンネンですが、転売している人が多いことの方がガッカリです。
神社は訪問して初めてご利益があると思いますので、そういった人がいなくなることを切に望みます。

では、皆様にもよいGOENを!

デアゴスティーニ

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA