有馬温泉①湯泉神社を訪問。崇神天皇時代には建立されていた温泉の守護社(RX100 M7)

ビックカメラ.com

はじめに

有馬温泉にある、湯泉神社(とうせんじんじゃ)を訪問しました。

何と、神代に起源があり、崇神天皇時代には建立されていたとても由緒のある神社です。
また天神神社など他2社の御朱印も頂けます。
このBlogでは、天神神社(天神泉源)も併せてご紹介します。

では、どんな神社か見てみましょう!

祭神

元の祭神

大己貴命

出雲の大国主の命と考えられています。
古事記では、出雲の国を発展させた神様として出てきます。

少彦名命

大国主の補佐官として、出雲の国を大きくした神様と古事記に出てきます。
医薬等に秀でた知識を持ち合わせていた人物です。

追加された祭神

熊野久須美命

熊野詣が盛んになったことで、仁西上人により祭神が追加されました。
時代としては、仁西上人が建久2年(1191年)から有馬温泉再興を行った際に祭神が追加されたようです。

社格・由緒

社格

式内大社で、旧社格は郷社です。

由緒

「有馬温泉」の中心に鎮座し、有馬の氏神・温泉守護神として崇敬されています。

神代の昔、ご祭神の二神(大己貴命・少彦名命)が人々を病気から守るため、国々を旅し、薬草を探しに歩かれていたそうです。その際に、傷ついた三羽のカラスが赤い水を浴び、傷を治療しているのをご覧になったことで、有馬の温泉を発見したと伝えられています

上記の故事に則り、2神が神社に祀られています。

尚、湯泉神社の歴史は古く、社殿に掲げてある由緒には、崇神天皇7年には「定、神戸」と記載されているそうです。とても興味深い!

また、延長5年(927年)に撰上された「延喜式神名帳」に有馬郡の大社として出てきます。「日本書紀」には、舒明天皇・孝徳天皇・白河法皇等が参拝したことが記録されています。

訪問記

入口・参道

入口

湯泉神社の入口の鳥居です。

少し階段を登ります。

左に曲がると、石段の参道が続きます。

妙見堂

石段の途中に、妙見堂があります。

妙見堂を過ぎると、神社までもうすぐです。

上から階段下を見た景色です。

二の鳥居

二の鳥居です。

手水舎

手水舎です。

龍が水を恵んでくれていました。

本殿

本殿の手前に、狛犬が鎮座しています。

本殿です。古くて立派な社殿です。

参拝します。

本殿の形です。よく見えなかったため、明確に撮影できませんでした。

摂社・末社

本殿となり

天津社

祭神:不明でした

国津社

祭神:不明でした

大黒様

大黒様の像がありました。

子安堂

子授け・安産のご利益があるそうです。

その他敷地内

駒方神社(弁天社)

池の近くに鎮座されています。

祭神:多紀理比売命、市杵島姫命、多岐都姫命

社殿です。

吉高神社

吉高神社です。

祭神:分かりませんでした

金刀比羅神社

祭神:阿遇突命(愛宕社)大物主命、稲倉魂命(稲荷社)

境内の様子です。

境外摂社・天神神社

天神神社

鳥居

鳥居です。

本殿

天神神社の本殿です。

お参りします。

本殿を横から見た様子です。

小じんまりとしていましたが、とてもいい雰囲気の神社です。

摂社:稲荷神社

摂社の稲荷神社です。

その他

鬼門除けに建立されたことがわかります。

天神様らしく、牛が鎮座していました。

鳥居から見た景色です。

天神泉源

温泉の1種である、天神泉源があります。

天神泉源の説明です。

勢いよく煙が出ていました。

場所

地図

〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1402

行き方

湯本坂に看板が出ています。

坂を登ります。

そうすると、高台に鳥居が見えてきます。

御朱印

御朱印

両神社共に、湯泉神社の社務所でいただけます(各500円)
(※他に今回は訪問しませんでしたが、水天宮(あなむちの神社)の御朱印も頂けます)

湯泉神社

湯泉神社の御朱印です。初穂料は500円です。

天神神社

天神神社の御朱印です。初穂料は500円です。

社務所

本殿に向かって左側に社務所があります。

場所・地図

地図・住所

住所:〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1908

行き方

温泉「金の湯」から奥に向かい、ねがい坂方面へ向かいました。
詳しくは、下記の記事を参照ください。

有馬温泉③見どころ満載!「有馬温泉よくばり切符」で日帰り有馬温泉旅!!(RX100 M7)

最後に

有馬温泉の湯泉神社をご紹介しました。

温泉寺から少し坂を登った場所に建立しています。
階段を少し上らないといけませんが、有馬温泉を守護している神代に由緒ある古社です。

また、併せて天神泉源・天神神社をご紹介しました。
こちらは有馬温泉の鬼門除けです。

いづれにせよ、とても重要な役割を持った2社になります。
有馬温泉を訪問した際には、ぜひ訪れてみてください。

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デアゴスティーニ

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA