2020/02末‗高雄・台中旅行:台南編:ミッション、台南を2時間で観光せよ!(α7Ⅲ)

台南 祀典武廟

ビックカメラ.com

はじめに

2020年2月末の三連休で訪問した台湾も最終日。
最終日は、朝に新幹線で台中から台南まで移動して、午後の飛行機に間に合うまで2時間ほど観光することにしました。

とは言え、2時間はかなり短い時間。
ぶらぶらと散歩するのが関の山でした。こちらご参考まで。

台中から台南までの移動

移動の工程はこちらの後半を参照ください。新幹線で台南駅まで。
そこから、在来線で台南駅まで移動しました。

訪問記

赤崁楼(せきかんろう/ちーかんろう)

<由緒>
台湾がオランダに支配されていた時代、1653年に建てられた建物。
(江戸幕府開幕から、50年後の時代・・・)

Wikipediaより
オランダ人による台湾統治では漢族移民や平埔族に対し厳しい統治方式を採用した。そのため漢人の不満が爆発、1652年には「郭懷一事件」が発生した。この事件は間もなく鎮圧されたが、オランダ人は事件の再発を防止するために「普羅民遮街」の北方建に「プロヴィンティア」を建築した。周囲約141m、城壁高さ10.5mの城砦には水源が確保され、食料が備蓄されるなど、有事の際の防衛拠点都として準備された。(Wikipediaリンク

上記から地震や災害で荒廃していたようですが、修復をされたようです。

<外観>
入口。狛犬らしき銅像が置かれています。

建物です。赤いレンガでできているようです。

時間がなく、また、入場に50TWD(1TWDが4円として、約600円)必要だっため、外から眺めるだけにしました。

<地図>
No. 212, Section 2, Minzu Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700

祀典武廟

赤崁楼から交差点を渡り、1ブロックほど歩いた場所。5分もあれば十分です。

<由緒>
17世紀半ばに創建された、大関帝廟といわれる、三国志でも有名な関羽を祀る関帝廟の台湾での総本山です。

なぜ関羽が信仰されるのか?
中国で多い関帝廟。関羽を代替的に祀ったのが宋の時代で、武神として祀られ始めたようです。
その後、関羽の故郷、河東郡の解県の塩商人が各地で守り神として関羽を祀り始め(=関帝廟)、商人の神様として関羽の信仰が拡がっていったそうです。

<訪問記>
入口です。屋根に色々な装飾がされています。ヒンドゥー寺院の影響!?

内部の地図です。

吹き抜けになっていて、いい感じです。

関羽がいらっしゃいました。

三代廟です。位牌みたいな感じですね。。

そして、風水でも使われる文様が。

 縁結びの神様 といわれる、月下老人です。

火徳星君。火難除けのご利益があるそうです。

文昌帝君。文字の神様。受験の神様ともいわれています。

大歳星君とのこと。凶神の代表格で、その年の太歳の方位に注意するそうです。

亀が沢山いるエリアも。

<地図>
No. 229, Section 2, Yongfu Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700

大天后宮

祀典武廟の脇道を抜けるとすぐにあります。

<由緒>
もとは明朝王族の末裔の邸宅が、大媽祖廟(媽祖は海の女神だそうです)に1664年に改造され創建されたものだそうです。

<訪問記>
すごい感じの入口です。

中華系の寺院は装飾が派手ですよね。

中に入っていきます。

こちら金色の仏像が媽祖。名物のようです。

こういったお線香の煙に包まれた雰囲気は嫌いではないです。

お守りの自動販売機もありました。

<場所>
No. 18, Lane 227, Section 2, Yongfu Road, West Central District, Tainan City, 台湾 700

新美街(地球の歩き方 未掲載)

大天后宮から徒歩すぐ。
通りがアートに彩られています、ぜひ通ってみてください。

 

<地図>
Lane 125, Xinmei Street, West Central District, Tainan City, 台湾 700

杏仁デザート

歩いている途中に杏仁豆腐のデザートを発見、思わず頼んでしまいました。

店構えです。

メニューです。

時価になっていた、あんにん豆腐練乳かき氷を注文しました。
とっても美味しかったです。

<地図>
そのものではありませんが、グルっとなっている場所の中にあります。
近い場所にピンを立てました。

永楽市場

本当は訪問したかったのですが、そとから見ただけになってしまいました。
買い食いにご興味ある方はぜひ。

バイクが沢山通っているため、交通事故にはご注意ください。

<地図>
No. 123號, Section 3, Guohua St, West Central District, Tainan City, 台湾 700

台南から高雄までの移動

台南から高尾駅まで自強号(在来線の特急電車)で移動しました。
自強号については、下記の記事を参照ください。本ブログの2日後に公開となります。

当日は普通電車は遅れていたため、 後での飛行機移動があった私としては特急電車で正解 でした。
また、高尾駅からは地下鉄で空港まで移動しました。

最後に

ぽっかり空いた2時間。少しでもと訪れた台南です。
2時間程度で、急いでみて回ったのですが、もう少しゆっくり見たかった、というのが正直なところです。

こういった街中の観光以外にも、「奇美美術館」などあります。
キレイな庭園があったり、自動楽器演奏など見どころが沢山。
そこは、時間的な面もあり訪問は見送りました。

まだまだ見どころのある台南。
ぜひ、訪問してみてください。

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA