(JR九州)GO! Waku Waku Trip with Mickey:第一弾!ミッキー新幹線の紹介《2019年》/2020年PIXARコラボ記念(α7Ⅲ)

JR九州 ミッキー Waku Waku Trip

ビックカメラ.com

はじめに

JR九州より、2020年の9月から新しいラッピング新幹線の走行がある、と発表されました。
それが、「GO! Waku Waku  Adventure with PIXAR」です。

1年前、JR九州ではディズニーの映画化90周年を記念して、ラッピング新幹線を走行させていました。
そちらは、「GO! Waku Waku Trip with Mickey」です。

今回は、PIXAR(ピクサー・トイストーリー)コラボを記念して第一弾に乗車した際の模様をご紹介します。

Waku Waku Tripとは?

2019年はミッキーマウスとコラボ!

2019年5月、ミッキーマウスの映画生誕(スクリーン・デビュー)90周年を記念して、
JR九州とディズニーがコラボレーションしました。

「ミッキーマウスが、新幹線に乗って、九州を旅する。
 そして、そこには、九州の色んな特産があった・・・」

そんなストーリーです。

そのため、新幹線の車体には、トランクケースから九州の名産が沢山飛び出しています。

2019年の第二弾の紹介はこちらを参照ください。
第一弾で楽しかったミッキーは、ミニーを誘って新しい旅に出かけます。

(JR九州)Wakuwaku Trip with Mickey:第二弾!ミッキー&ミニー新幹線に乗る!!(α7Ⅲ)

2020年~2021年はPIXERとコラボ!

2020年8月、JR九州からPIXERとコラボしたプロジェクトが発表されました。

名前は、「GO! Wakuwaku Adventure with PIXAR」です。
PIXARのキャラクターに彩られた、新幹線が運行されます。

運行期間は、2020年9月12日(土)~2021年5月中旬を予定されています。

Wakuwaku Tripの時は、コンセプトとイラストがリンクしていましたが、
今回のイラストを見る限り、Adventureという要素はどこにあるのか、イマイチ分かりませんでした・・・。

尚、ラッピング新幹線は1~2台のため、数が限られます。
ホームページで運行予定が表示されますので、そちらを狙って新幹線を予約しましょう!

詳細は、JR九州のホームページでご確認ください

JR九州 GO! Wakuwaku Adventure with PIXER 特設ページ

訪問記

駅のご紹介

駅構内

JR博多駅に行きました。
改札手前に、ポスターが貼っていました。

タブロイド的なポスターもありました。

改札を済ませると、写真を撮影できるスペースがありました。
今回のWakuwaku Tripのイメージイラストが巨大な形でありました。

売店

駅構内の売店で、グッズが販売されていました。
私は開始当初に行ったため、まだ販売されていないグッズもありました。

グッズを見てテンションが上がった自分は、これからホームに上がりました。
(※グッズについては、改札外の売店でも販売されていました)

列車の紹介

外観

出発の15分ほど前に到着したのですが、すでに入線していました。
恐らく、20~30分ほど停車しているのではないかと思われます。

1号車のあたりです。
運転席(車掌席)の前にはイラストはプリントされていません。
イラストのスタートはこの辺り・・・ですね。

スクリーン・デビュー90周年のロゴが入っています。
また、福岡のイチゴ、九州のマップもプリントされています。

びわ、すいかにミッキーのイラストです。

麦わら帽子とミッキーです。

一緒に旅に出ようよ!と言ってくれている感じですね。
飛び散っている中身に、旅道具の歯ブラシもありましたw

ミッキーは何かを見つけたのでしょうか?

外から見た社内は、こんな様子になっています。

何やら、手紙を書いています。
これが、第二弾に繋がっていくとは、この時は思っていませんでした。

では、ここから社内を紹介していきましょう。

車内(座席)

座席です。通常の新幹線との違いは、ヘッドカバーです。
麦わら帽子をかぶった、ミッキーの耳になっています。

また、椅子のところどころに、ミッキーが落としたアイテムが貼ってありました。

では、車内を探検してみましょう。

車内(デッキ部分など)

まず、電話スペース。ミッキーの暖簾がありました。

Wakuwaku Tripのプロジェクトの説明です。

その他、今回のイラストが飾ってあります。

また、ミッキーに関するクイズがありました。
①ミッキーの最初のセリフとは?

何と、ホットドッグだったんですね。

②ミッキーの名づけ親は?

これは「楽勝♪」と思っていたら、なんと違いました。ウォルトでないんですね。

③ミニーがミッキーの誕生日(1931年)にプレゼントしたものとは?

何と、ピアノなんですね。

こうやって、車内では飽きさせないような工夫がされています。
第二弾と違って、車両の間のガラスには影はありませんでした。

車内放送について

ミッキーの声の車内放送があるのかな?と楽しみにしていたのですが、殆どありませんでした。
博多出発時と熊本(今回の終点)の到着時に、一言ずつ。

もうちょっと工夫して欲しかったポイントでした。

記念Goodsの紹介

買いそびれては困る!と思い、ワゴンを探して購入に行きました。
後で確認すると、この日は人だかりができて座席にワゴンが回ってきませんでした。

私が購入したかったのが、ピンバッチセット。

各都道府県の駅で購入できるもの以外に、セットでしか入っていないピンバッチも含まれています。
こちらは、車内販売でしか購入できない、とされていたグッズでした。

※2019年の末ごろに、通信販売が開始されてピンバッチもネットで販売された記憶があります。
 2020年からのPIXERではどうなるんでしょうね。。

その他、シール、クリアファイル等もありました。

最後に

ラッピングした新幹線、とても種類の多いグッズ、車内でしか販売されない限定グッズなど、とてもワクワクする企画でした。

改善点を上げるとすると、車内でもっとミッキー感(駅名をミッキーがしゃべってくれる、車内販売のコップがミッキーになっている、など)があると良かったな、と感じました。

2020年のPIXARコラボも期待しましょう!

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA