番外編:神社に関するオススメの小説などを集めてみました。オススメあったら教えてください!

神社 小説

ビックカメラ.com

はじめに

以前、ブログにて神社検定の記事を出させて頂きました。

神社検定

番外編:2020年の神社検定は2021年に延期。1年で頑張って勉強しよう!(神社検定2021年対応版)

今回は、小説など関連する本を紹介したいと思います。
なお、直接的に古事記や日本書紀を扱っているものは除いています。

モチーフにしているものはあっても、紹介している本は直接的なものではありません。

もし読んでくださっている方で、オススメの本があればお教え頂けると、私自身の知見も拡がりますので嬉しいです。

本のご紹介

小説

アマテラスの暗号

ユダヤと日本の関りとは?、伊勢神宮の心の御柱とは?
そういった、神社に纏わる謎や憶測を基に、各神社伝承を踏まえながら筆者なりの結論を導き出していきます。

本当かどうかは置いておいて、こういった考え方もあるんだな、ととても興味深く読めた小説でした。 神社に纏わる小説を読み始めるきっかけを作ってくれた 本です。

レイライン

レイライン1

レイライン2

なぜ、神社は直線に並ぶのか?: 『レイライン』ガイドブック 失われた秘剣

歴史的な建物が一直線に並ぶ、というレイライン。
それを題材にした小説です。

ドンパチの場面も出てきますが、ちょっとやり過ぎwかなww
面白いですので、解説本も含めて3冊どうぞ。

レイラインも登場している、元伊勢内宮・皇大神社

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)元伊勢内宮皇大神社を訪問。清々しい気持ちになれたが、摂末社の多さは不思議(α7Ⅲ)

神の時空

神の時空 鎌倉の地龍

神の時空 電子版合本

最近特にハマっているのが、時の時空シリーズ。
こちらの シリーズのウリが、「神社に関するウンチク」 です。

Kindleで読んでいるのですが、ストーリーはほぼ無視して線を引きまくってます。
特に、

  • ヤマトタケル
  • 貴船神社
  • 厳島神社
  • 大神神社
  • 伏見稲荷大社

に関するウンチクは、目から鱗でした。

この本を読んでから、これらに出てきた神社をもう一度巡りたくなりました。

古代は本当に鉄が重要だったんですね。。

陰陽師

陰陽師1

合本版 陰陽師(1~12)

みんな大好き安倍晴明。

映画にも、ドラマにもなっていますよね。
ほぼ説明は不要かと思います。

小説でちゃんと読んでいくのもオススメです!

清明神社のご紹介はこちら。

(京都)安倍晴明邸宅跡の晴明神社を訪問。陰陽術を身に付けたい!(RX100 M7)※一部更新

古代史推論本

関裕二:古代史謎解き紀行シリーズ

色々と突拍子もない推論も飛び出すのですが、こういった見方があるんだな、ということで面白く読ませてもらっているシリーズです。

マンガ家が解く古代史ミステリー 邪馬台国は隠された

こちらも読ませてもらって面白かったです。
4拍手神社と三種の神器のつながりなど、答えは不明ですが、面白い!と思いました。

コミック

天智と天武 ―新説・日本書紀―

神社制度を色々と整えていった天武天皇。

記録に残っている限りでは、古代最大の後継者争いと言われた、壬申の乱。
天智天皇と天武天皇の関係性を中心に描かれていきます。

聖徳太子とは?中臣鎌足の正体とは?

関裕二さんの説も含まれているのかな?
完結しているので、一気に読むこともできます。

古事記 コミック

古事記1 - ナムジ(大国主命)

古事記2 - 神武

古事記シリーズ。
ガンダムシリーズも描いている、安彦良和さんのコミック。

出雲、九州を中心に描かれています。
やっぱり関東は出てこないんですよね。

古事記の物語は、初期は九州と出雲を中心とした関西が中心になっているようです。

大國主、ニギハヤヒ等も出てきます。
神話の世界を含めて漫画にしてくれています。面白いです。

卑弥呼 -真説・邪馬台国伝-

卑弥呼を題材にしたコミック。
卑弥呼がとても逞しく描かれています。

現在進行中です。興味を持ちながら読んでいるところです。

読書のオススメ端末

やっぱり、AmazonのKindleがオススメです。
2020/7/24からAmazonセールがあるため、チェックしましょう!

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

AmazonのKindle Paperwhiteの第10世代を購入。第6世代から軽く薄くなってます!

最後に

今回、ご紹介したのは神社を題材にした小説や紀行文、また、謎解き本の一部でした。

特に小説はとてもハマっていて、神の時空は全6冊を2週間程度の間の通勤時間で読んでしまった程です。他にも面白いのがあれば、是非知りたいです。

もしオススメの作品が他あれば教えてください。
色々な本を読んでいく上で、私からもまたご紹介させて頂きます。

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デアゴスティーニ

 

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA