(京都)日室ヶ嶽(岩戸山)遥拝所をご紹介。キレイな円錐形の山でカムナビ信仰の1つ(α7Ⅲ)

京都 元伊勢 皇大神社 日室ヶ嶽遥拝所

ビックカメラ.com

はじめに

こちらで、元伊勢内宮・皇大神社を紹介しました。

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)元伊勢内宮皇大神社を訪問。清々しい気持ちになれたが、摂末社の多さは不思議(α7Ⅲ)

その足で、日室が嶽の遥拝所を訪問しました。

Willer Express(京都タンゴ鉄道)に乗車していても、紹介されていた山です。
キレイな円錐形に見えます。

日本のピラミッドの1つともいわれています。
ぜひ、ご覧ください。

※関連リンク
元伊勢内宮 皇大神社

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)元伊勢内宮皇大神社を訪問。清々しい気持ちになれたが、摂末社の多さは不思議(α7Ⅲ)

要注意!天皇神道という団体

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)コラム:要注意!元伊勢内宮皇大神社の中の天皇神道って何者??(α7Ⅲ)

天岩戸神社

京都 天岩戸神社

(京都)天岩戸神社をご紹介。崖の上に立つ社殿が圧巻だが参拝時は怪我にご注意!!(α7Ⅲ)

元伊勢外宮 豊受神社

元伊勢外宮 豊受神社

(京都)元伊勢外・豊受大神社を訪問。二本の御神木と古い社殿が印象的な神社(α7Ⅲ)

元伊勢の町歩き

京都 元伊勢皇大神社 元伊勢豊受神社 猿田彦神社

(京都)元伊勢の町を歩こう!猿田彦神社など伊勢との共通点を発見!オシャレなカフェも!!(α7Ⅲ)

大江駅の鬼瓦公園紹介

大江町 鬼瓦公園

元伊勢の町・大江駅(急行停車)で見つけた大量の鬼瓦!!鬼とはナニモノなのか??

日室ヶ嶽の信仰を考える

カムナビ信仰とは?

標高が低い山だとしても、キレイな円錐形の形をしている山は、神霊が住む山として神聖視されてきたそうです。

日室ヶ嶽も、キレイな円錐形をしており、日本のピラミッドと呼ばれているそうです。

そのため、日室ヶ嶽は、 もともと、元伊勢・皇大神社のご祭神 と考えられているようです。

カムナビ信仰については、こちらの書籍を参考にさせて頂きました。

日の出のレイ・ライン

レイラインとは、地図上の一直線上に重要な遺跡などが並んでいる現象です。

1921年にイギリス人のアマチュア考古学者アルフレッド・ワトキンス(en:Alfred Watkins)によって提唱され、著書『The Old Straight Track』(古い直線路)で発表されたようです。

日室ヶ嶽は、冬至の日に日の出の光が伊勢神宮を経由して陽が登ってくる通り道になっているとのことです。

天照は太陽の神。日の出のに関する関連性がありますね。
日室ヶ嶽を通して見る太陽。とても神秘的そうですよね。

訪問記

訪問前

WILLER TRAINS(京都丹後鉄道)の電車の中からの写真です。
(※急行に乗って、大江山口内宮駅の近くになると日室ヶ嶽(もしくは岩戸山)の紹介をするために少し停止してくれます)

とてもキレイな円錐形の山であることが分かります。
日室ヶ嶽

調べていると、 日本のピラミッドの1つ 、という言い方を見かけました。
なるほど、という形ですよね。

ちなみに、山のふもとに見える白い鳥居が元伊勢皇大神社です。
そこをアップしたのがこちら。

また、こちらにて、秋の日室ヶ嶽を確認いただけます。

日本三景の天橋立:中から眺めるか、上から眺めるか、横から眺めるか(α7Ⅲ)

皇大神社からの移動

今回は、下記地図の中で、皇大神社から天岩戸神社までの道中を紹介していきます。

日室ヶ嶽遥拝所は、天の岩戸神社と皇大神社の間に位置しています。
そのため、天の岩戸神社方面へ向かいます。

坂道を降りていきます。

途中、こんな穴も見つかりました。
なんだろう・・・!?

日室ヶ嶽遥拝所

山の頂上を遥拝できる場所がありました。

道が少し広くなっており、腰かけることができるベンチも置かれています。

遠くから見た時も思いましたが、とてもキレイな形の山です。
キレイな山に神様が宿る、と考える古代の人々の気持ちも分かる気がします。

遥拝オブジェのアップです。

 「一願成就」という石があります。こちらでは、一眼を叶えてくれる、と言われているそうです。  ぜひ、何か叶えたいことを、具現化してみてください。

近くに、天岩戸神社の方向を示す看板がありました。

更に進みます。
基本的に下りの道になります。

龍燈明神

そうすると、お社が見えてきます。

逆向きです。皇大神社に続いています。

龍燈明神とあります。

御祭神等は不明でした。
ただ、皇大神社にあった、下記写真の「龍燈の杉」と名前が同じです。
何か関係あるのでしょうか・・・。

==============

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)元伊勢内宮皇大神社を訪問。清々しい気持ちになれたが、摂末社の多さは不思議(α7Ⅲ)

==============

さあ、龍燈明神が見えたら、しばらくすると天岩戸神社に行く階段が見えます。

続きは、こちらでご覧ください。

京都 天岩戸神社

(京都)天岩戸神社をご紹介。崖の上に立つ社殿が圧巻だが参拝時は怪我にご注意!!(α7Ⅲ)

このあたり、ハイキングコースだそうです

看板によりますと、このあたりはハイキングコースだそうです。
神社参拝のついでに、ハイキング、というのもありかもしれませんね。

日室ヶ嶽遥拝所

神社好き的なハイキングについては、また別途ご紹介させて頂きますのでお楽しみに(?)

地図・場所

日室ヶ嶽遥拝所

〒620-0323 京都府福知山市大江町内宮

龍燈明神

〒620-0323 京都府福知山市

最期に

日本のピラミッドの1つと言われる、日室が嶽を紹介しました。

元伊勢神社の1つである、内宮 皇大神社のご神体ともいわれる山です。
古来日本では、キレイな山に神様が舞い降りる、と信じられていました。

その、カムナビ信仰の1つです。

また、冬至に太陽が昇るラインとなっています。
とても神秘的な雰囲気なのでしょうね。ぜひ、皇大神社を訪れた際にはお立ち寄りください。

※関連リンク
元伊勢内宮 皇大神社

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)元伊勢内宮皇大神社を訪問。清々しい気持ちになれたが、摂末社の多さは不思議(α7Ⅲ)

要注意!天皇神道という団体

京都 元伊勢 皇大神社

(京都)コラム:要注意!元伊勢内宮皇大神社の中の天皇神道って何者??(α7Ⅲ)

天岩戸神社

京都 天岩戸神社

(京都)天岩戸神社をご紹介。崖の上に立つ社殿が圧巻だが参拝時は怪我にご注意!!(α7Ⅲ)

元伊勢外宮 豊受神社

元伊勢外宮 豊受神社

(京都)元伊勢外・豊受大神社を訪問。二本の御神木と古い社殿が印象的な神社(α7Ⅲ)

元伊勢の町歩き

京都 元伊勢皇大神社 元伊勢豊受神社 猿田彦神社

(京都)元伊勢の町を歩こう!猿田彦神社など伊勢との共通点を発見!オシャレなカフェも!!(α7Ⅲ)

大江駅の鬼瓦公園紹介

大江町 鬼瓦公園

元伊勢の町・大江駅(急行停車)で見つけた大量の鬼瓦!!鬼とはナニモノなのか??

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デアゴスティーニ

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA