札幌旅行④ホテルオークラ札幌のレビューを含めた観光半日プラン(RX100 M7)

ビックカメラ.com

はじめに

北海道・函館を出発したのち、札幌を訪問していました。

移動に使った特急「北斗」や、これまでに記載していない札幌で宿泊したホテルオークラ札幌という少し高級なホテルの様子も記事にしました。

また、札幌時計台と大通り公園やテレビ塔の風景も併せてお届けします。

是非、ご覧ください。

訪問記

箱館駅~札幌駅:特急北斗

函館駅構内

函館駅です。ここから出発します。
飛行機は値段が高かったため、特急列車で箱館から札幌に向かうことにしました。

特急北斗を利用します。4時間ほどの列車の旅になります。

プラレールで近辺が再現されていました。
近年に開業した、北海道新幹線の現時点での終着駅である新函館北斗駅もあります。

函館駅構内です。広いです。
右側に行くと、ホームがあります。

各駅停車です。始まりの駅の感じがとても好きです。

1868年、函館開放。
戊辰戦争ー函館戦争が終結した年です。

特急北斗の外観

特急北斗がホームの両脇に停車していました。
いやぁ、特急列車が2両も停車しているのは恰好いいですね。

今回はこちらの北斗に乗車します。車両が長く連結されています。
密を避けるために、間隔を取るためでないかと想像されます。

横から見ました。列車の表示板です。

特急北斗の車内

車内です。普通指定席です。
2×2の構造となっているため、とてもゆったりできます。

座席です。

前の座席のところに、切符を指しておくものがありました。
検札を効率化するために設置されているものと思われます。

車内でハセガワストアで購入した「やきとり」弁当を食しました。
やきとり弁当は、蓋をしたまま竹串を抜くのがコツですよ!!

こちらはたれ。

こちらは三つの味がたのしめるミックス弁当です。

北斗の中は、車体がとても揺れます。
食事をされる場合には、お気をつけください。

特急北斗の車窓

新函館北斗駅では、北海道新幹線の車体が見えたり、

途中、緑色の畑が見えたり

海が景色として見えたりします。

市街地が見えると、札幌駅が近くなります。

札幌駅

札幌駅に到着しました。

北海道日本ハムファイターズのコーナーがあります。
一緒に撮影もできます。流石北海道!愛されているんだなぁ、と感じました。

昔の北海道民の恰好でしょうか。
アイヌ語の「イランカラプテ」(こんにちは、の意味)を広めるキャンペーンのためとのことです。
銅像は、クリムセ(弓の舞)を踊るエカシ(長老)を意味しているそうです。

北海道神宮を訪問

まず、頓宮を訪問しました。

(北海道)北海道神宮(頓宮)を訪問。雪深い北海道ならではの御宮-札幌旅行①(RX100 M7)

頓宮から地下鉄東西線を使って一本で北海道神宮へ向かうことができます。

バスセンター前駅から地下鉄東西線で円山公園駅へ。
北海道神宮を訪問しました。

(北海道)北海道神宮(本宮)を訪問。北海道開拓・国土経営の神様-札幌旅行②(RX100 M7)

市内の観光

大通り公園

大通り公園、テレビ塔が見えます。相変わらず広いです。

また、SAPPOROという英字も。

公園にはキレイな花壇があります。散歩にもいい場所ですね。

さっぽろ時計台

地上からの景色

時計台です。白い建物が印象的です。
入館は17時までですので、ご注意ください。

ビルに囲まれていると、小さいのが分かりますね。

時計です。

記念撮影をするための台もありました。

向かいの建物より

向かいの建物から時計台を見ることができます。

少し高い場所から、時計台を見ることができます。

ぜひ、登ってみてください。

サッポロビール園:ジンギスカン

サッポロビール園でジンギスカンを頂きました。

お腹いっぱい、食べることができました。

札幌旅行③さっぽろビール園を訪問。ビールとジンギスカンで幸せ気分!(RX100 M7)

夜の札幌

札幌駅・地下鉄

札幌駅にはバスで戻りました。バス乗り場は裏側にあります。
裏側ですが、多少はライトアップされています。

地下鉄の駅です。宇宙空間みたいです。

夜の大通り公園

ライトアップされているため、とてもキレイです。

少し長秒露光で撮影してみました。
上よりは、キレイになったかと思います。

宿泊施設の紹介:ホテル・オークラ札幌

入口・ロビー

ホテルの入口です。
ちなみに、アルコール消毒が必須とされていました。

ホテルのロビーです。

部屋までボーイの方が先導してくれました。こういったホテル、久しぶりに宿泊しました。
(歩きながらなので、写真がブレています)

※フロントの人に話をしても、鍵を預けた人がXX号室ですと耳打ちしてくれたり人の教育がとても素晴らしかったです。

客室

部屋の鍵は、カードキーではなく鍵での施錠式でした。
外出時にはフロントに預ける必要があり、ちょい面倒です。

寝室部分

客室全景です。広い部屋を用意して頂きました。

枕の上には折り鶴が置ていありました。
高級ホテルな感じがしますw

テレビ・デスクまわりです。メロンやカニの通販のパンフレットなどが置いてありました。

1人、1本のお水が無料で付属していました。

クローゼットにはファブリーズやリセッシュの類が置いてありました。
最近では置いてあるホテルが増えて嬉しい限りです。

水回り部分

今回、不満に思っていたのが水回り部分。
こちら、洗面所の風景です。

洗面所の奥はトイレです。
扉はありません。私は洗面所とトイレの間には扉が欲しかったです。

また、上記洗面所の右側がお風呂です。
浴室あり広めですが、こちらも洗面所直結です。また、タオルは固めです。
(こちらも、個人的に柔らかくてふわっとしていて欲しかったです)

全体的に、設備面での古さが目立ちました。
(鍵のシステム、なども含めて)
働いている方は素晴らしいので、そこは残念だと思いました。

地図・行き方

地図

〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西5丁目

行き方

大通り公園駅の3番出口から出ます。

左の赤い建物がホテルです。出口から近いのはありがたいですね。

最後に

北海道旅行の第二弾として、札幌を半日観光した様子をご紹介しました。

北海道神宮、時計台、大通り公園、ジンギスカンとホテル。
これだけではありますが、いろいろな場所を訪れるのは楽しいものです。

多少なりとも、出かける際の参考にしていただけると嬉しいです。

では、皆様にもよいGOENを!
そして、1日でも早く旅と写真が楽しめる日が来ることを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA