シンガポール01:深夜便deエコノミークラス乗り比べ(プレミアムvs普通席)(RX100 M5)

ビックカメラ.com

はじめに

夏休みにシンガポールに旅行してきました。
影響を受けたのがこちら。えらく、コンビニ等で広告を見ましたからね。

   

第一回目として、エコノミークラスとプレミアム・エコノミークラスの比較をしたいと思います。

(普通の)エコノミークラス搭乗レビュー

エコノミークラスの座席

機体は、777−200でした。

3・4・3の座席配置になっています。

窓側の席でした。

装備を確認する。

ブランケットとイヤホンです。

シート装備を確認する。

モニタのUSB、コンセントは装備されています。

シートを確認する。

シートを目一杯倒しても、後ろまでは倒れませんでした。

目一杯倒せると思ってトイレ前の席を選択したのですが、後ろの人をあまり気にする必要がない程度。
寝るに十分なものではありませんでした。

プレミアム・エコノミークラス搭乗レビュー

飛行機に乗ろうとしたとき、たまたま「ピコーン」と鳴り、呼び止められました。
よっとすると、ビジネス?!と期待していたのですが、プレミアム・エコノミーへのアップグレードでした。

とは言え、そうだとしてもとても嬉しい♫
人生初のアップグレードでした。

プレミアム・エコノミーの座席

今回の機体は、777−200です。

2・3・2の座席配置になっています。
エコノミーよりも、かなり余裕のある配置です。

窓際が自分の座席でした。

装備を確認する。

アメニティー類です。

中身はこちら。
アイマスク、耳栓、歯ブラシ、メグリズムでした。

イヤフォンです。少し良さげですね。

スリッパです。靴べらも付いていました。

ブランケットです。

シート設備を確認する。

テーブルです。かなり大きめになっています。

電源類です。モニタにUSB、シートの足下に電源があります。

シートを確認する。

バックシェルのため、座席を倒しても後ろに響きません。

操作は、膝下のボタンで行います。

足元はかなり広めに作られています。

食事と飲み物

プレミアム・エコノミーではシャンパンを注文できます。
その他の食事は同じです。

深夜便で寝るにはどちらが良いか?

もともとの、私の思惑としては、

「エコノミークラスでも、トイレ前であれば存分に座席を倒せてぐっすり寝られるのでは?」

というものでした。

しかし、それは脆くも打ち砕かれます。
そう、ほとんど倒せないのです。

そのため、勝負はあっさりと、

  • 座席が広く
  • 後ろの人にも響かず
  • レッグレストもあり
  • 寝る体制ができる

プレミアム・エコノミークラスに軍配が上がります。

最後に

今回、取らぬ狸のなんちゃらとなってしまった、深夜のエコノミークラス搭乗。
しかし、片方のプレミアム・エコノミークラスアップグレードで何とか持ち直してくれました。

ただ、アップグレードが帰りだったら、もっと嬉しかったのですけどね。。。

ということで、プレミアム・エコノミークラスなんて意味がない、と思っていたのですが、
意外とプレミアムエコノミークラスが良かったことを発見できた今回のフライトでした。

では、皆様にもよいGOENを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA