SONY WF-1000XM3の片方を無くした…(涙)紛失あんしんサービスを利用した模様をお届けします(RX100 M7)

ビックカメラ.com

はじめに

今回は下記のブログで紹介したSONYのワイヤレスヘッドフォンのWF-1000X M3のハナシの続報です。

SONY WF-1000XM3を使ってみたら神進化!!色んな場所をプライベート空間に変える!?

今回、イヤホンを外してからスーツのポケットに入れていたのですが、片方のイヤホンを落としてしまいました。
そのため、今回「紛失あんしんプログラム」を利用してきましたのでその模様をお届けします。

紛失あんしんサービスとは?

SONYストアで購入した場合だけに利用できるサービスです。
有線でなく、左右が独立しており小型の完全ワイヤレスヘッドフォンの場合、個体が小さいため紛失するリスクが高いです。
(本体も新規で購入すると高い)

ソニーストア

それに対して、保険をかけることができるのがこちらのサービス。
紛失あんしんサービスの紹介→こちらのリンク

購入後の1年以内に限り、掛け金1000円+実行費用の5000円で利用できます。
実際に紛失して修理サービスを利用した場合、その倍以上の値段がかかるみたいですね・・・。

これは購入時に選択することで利用できるサービスです。後から追加することはできません。

SONYのサービスセンターに持ち込んできた

紛失あんしんサービスを利用するための準備

紛失あんしんサービスに必要な書類とものを準備します。

  1. なくしていない方のイヤホン
  2. イヤホンの収納ケース
  3. 紛失あんしんサービスのチケット
  4. 購入時の明細票
  5. (受け取り時には)5000円の費用

1と2です。

3と4です。

SONYサービスセンター日本橋(大阪の場合)に向かう

用事があったため、店舗で預けることにしました。
TELで紛失あんしんサービスを利用する際に、SONYストア(店舗)でOKかと電話で問い合わせをしたところ、日本橋のサービスセンターに行ってくれ、とのことでした。

補足説明
店舗に向かえない場合、郵送での送付・受取も可能なようです。遠隔地の方はそちらで!

ちなみに、SONYサービスセンターはその他にも秋葉原・名古屋・那覇にもありますのでご参考まで。

大阪の場合、日本橋とありますが、駅はなんば駅が最寄りです。
南海(御堂筋線)のなんば駅と四つ橋筋の間にあります。
他の人には、大阪府立体育館(エディオンアリーナ大阪)の真ん前ですので、そちらの方がわかりやすいかもしれません。

なんば側を見たところです。

四ツ橋筋側を見たところです。

SONYのサービスセンターです。

中の様子はこんな感じです。

SONYストアでお願いをしたあと、控えをもらいました。

補足説明
店員の方は、ほとんど紛失あんしんサービスについてご存知でありませんでした。
5000円必要なことも知らなかったですので・・・。
(郵送がほとんどなのかもですね。この件で大阪の場合サービスセンターに行く人もこれまでいなかったそうです)

SONYサービスセンターで受取をする

電話がかかってきたのは、2週目が過ぎた月曜日。
サービスステーションは17時までしか営業していないので、私にとっては3週間かかったことになります。

想定より一週間多くかかってますね。。
それなりに売れているので、営業を優先しているのかもしれません。

受け取った際に、袋にいれいてもらいました。

両方とも、ちゃんと復活しました。よかった。。

WF-1000X M3をSONYストアで購入しましょう

興味あれば、下記のリンクを確認してみてください

ソニーストア

さいごに

ヘッドフォンを無くしたことは本当にショックでした。
しかし、紛失あんしんサービスを利用することで、安くリカバリーすることができました。
新規で購入すると、かなり高額な値段を再度払うことになりますので・・・。

では、皆様にもよいGOENを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA