SONYの完全ワイヤレス・ヘッドフォンWF-H800が発売されました。購入はソニーストアがオススメ!!

ビックカメラ.com

はじめに

SONYからWF-H800が発売されましたね。
私のブログの記事でも人気なのは、WF-1000XM3なのですが、そちらとの違いが気になりました。

購入を検討している方も多いかと思いますので、SONYのサービスも紹介しながら比較したいと思います。

WF-H800とWF-1000XM3との違いは?

スペックと価格から違いを探っていきます。

WF-H800(NEW!!) WF-1000X M3
レッド、アッシュグリーン、オレンジ、
ブルー、ブラック
ホワイト、ブラック
ノイズキャンセリング なし あり
音質性能 DSEE HX(ハイレゾ相当)  DSEE HX(ハイレゾ相当)
スタミナ
(上:ノイキャンOFF)
本体8時間+ケース充電8時間 本体8時間+ケース充電24時間
本体6時間+ケース充電18時間
質量(上:本体、下:ケース) 7.6g 8.5g
48g 77g
値段(ソニーストア) 22,000円 25,880円

なんと、金額的な差は、ソニーストアでは3880円です。
この差をどう見るかです。

ポイントは、

  • ノイズキャンセリング
  • スタミナ
  • 重さ

だと考えます。

私であれば、4000円の差額であれば、電池もちがよく、ノイズキャンセリングのあるWF-1000XM3を選択します。
もし、ノイズキャンセリングは不要で、手軽な完全ワイヤレスが欲しいのであれば、WF-H800は十分な選択肢だと思われます。

家電量販店で、ケースの大きさを比較してきました。
大きさとしては、WF-1000XM3の方が約1.5倍程度でしょうか。

厚みもWF-1000XM3の方が少し厚いですね。

WF-1000X M3の購入レビューはこちらを参照ください。

SONY WF-1000XM3を使ってみたら神進化!!色んな場所をプライベート空間に変える!?

ソニーストアで購入するメリットはあるの?

ヘッドフォンを購入する場合、主に2つの選択肢が出てくるかと思います。

  • 直営店(ソニーストア)で購入する方法
  • 家電量販店で購入する方法

私は、断然にソニーストアで購入する方法を推薦します。

ソニーストア

理由は、2つあります。
まずは、ソニーストアで購入できる際の補償サービス。
ワイドであれば、通常のサービスでは補償されない水没なども補償してくれます。

ソニーのページー>リンク

そして、何と言っても、紛失補償サービスです。
紛失補償サービスの内容と、それを使った模様は下記の記事を参照ください。

SONY WF-1000XM3の片方を無くした…(涙)紛失あんしんサービスを利用した模様をお届けします(RX100 M7)

最後に

私のBlogの記事の中では、検索により訪問頂くTOPがWF-1000XM3を紛失した際の記事でした。

SONY WF-1000XM3の片方を無くした…(涙)紛失あんしんサービスを利用した模様をお届けします(RX100 M7)

ですので、今回は2020年の2月末に発売されたWF-H800と比較してみました。

それぞれの機種に良い点はありますので、使う方がどちらを選択するか選べばよいかと思いますが、WF-1000XM3の時からお伝えしているとおり、購入はSONYストアで、というのが私のオススメポイントです。

完全ワイヤレスのヘッドフォンは小さいため失くしやすいです。
また、走ったりすると、衝撃で耳から外れることもあります。

そのため、失くしたり壊したり、ということが発生しやすいと考えています。
実際に、私は失くしてしまいましたので・・・。

ということで、皆さんもSONYのヘッドフォンを購入される際には<ワイド補償>と<紛失補償>を付けるためにもSONYストアで購入しましょう!

ソニーストア

では、皆様にもよいGOENを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA