シンガポール03:ラッフルズ地区(チキンライス、シンガポールスリング、幸せの泉)(α7Ⅲ)

ビックカメラ.com

はじめに

マリーナベイ地区で散歩したのち、食事がてらラッフルズ地区を訪問しました。
金運があがる噴水や、バーを含めて楽しめる地区です。

ラッフルズ地区

まず、ラッフルズ・ホテルを外から見て行きます。
高級ホテルなだけあって、やっぱり綺麗なホテルです。

ラッフルズホテル

綺麗なホテルです。泊まって見たい名門ホテルの1つです。

入り口あたりです。

横は、綺麗な白い壁が続きます。

細い道の灯りも印象的でした。

<地図>

チキンライス

でもって、以前シンガポールを訪れた際に、ラッフルズホテル裏のチキンライス屋さんを訪問したことを思い出しました。
高級さはないけど、一般大衆的(いわゆるローカル系)なチキンライス屋さんです。

近くに2件あるのですが、私はZheng Swee Keeというチキンライス屋さんを訪問しました。

メニューです。

野菜セットと、ドリンク(100 PLUS;アクエリアスに炭酸入れたような味)を注文しました。

まずくはないし、下手なお店行くより良い味でした。
これで10シンガポールドル程度。

<地図>

ザ・ロングバー(シンガポールスリング)

ラッフルズホテルの側面を進むと、ロング・バーの入り口があります。
かの有名なシンガポール・スリングを開発した、とても伝統あるバーです。

現在のシンガポール・スリングの絵が大きく描かれていました。

階段にはバーの歴史が描かれています。

めちゃくちゃ人が並んでました。
私が並んでいたときは40分ほどだったのですが、入る頃には更に行列が延びていました。

途中、ピーナッツが置いてあるテーブルがありました。

オブジェも置いてありました。
 

入り口に、シンガポール・スリングを創作したバーテンダーが出迎えてくれました。

グッズも販売しているようです。

注文します。

私は、Traditionalなシンガポールスリングを注文しました。
ドリンクの奥がピーナッツの袋です。

床にピーナッツの殻が散らばっていました。これが伝統的な食べ方のようです。

店内の様子です。

日本人も多く並んでいた、ロングバーです。
是非、訪れてみてください。

<地図>

富の泉(サンテック・シティーモール)

1998年に世界一巨大な噴水として登録されたらしい、噴水です。
名前のとおり、金運が上がる、という噂の噴水です。
そして、金運を上げるための方法も、噴水に記載されてましたので紹介します。

まず、モールの中を地下から通って行きます。

この先を「外」に出ます。

外に出てみると、巨大な輪っかが見えます。これが、富の泉です。

こちらの噴水、普段は水があふれているのですが、ある時間だけ中に入ることができます。

補足説明
噴水の内部に入ることができる時間は、下記の3回です。
1)10:00〜12:00
2)14:00〜16:00
3)18:00〜19:30

下に降りて見ました。天使の輪っかみたいですよね。

人が通る以外の場所は、少しずつ水が出ています。

真ん中は、水がたくさん湧き出ています。
「右手を水にかざし、静かに願い事をしながら、左側に3周する」とのことですね。
なるほど。

他の人と一緒に手を入れて回ります。

ということで、自分も3周して噴水を後にしました。
なお、夜には無料でライトアップショーを実施しているそうで、時間があれば是非行って見てください!

<地図>
ラッフルズホテルから20分程度。
Suntecシティーモール経由で、富の泉に行くことができます。

参考に

ガイド類

    

名探偵コナン(映画)

   

最後に

チキンライスも色々とありますが、リーズナブルに食べられるラッフルズホテル近くのチキンライス屋さん、
伝統あるシンガポールスリングのロングバー、
金運が上がるという噂のある富の泉。

色々と楽しめるラッフルズ地区、シンガポールを訪れた際には行って見てください。
では、皆様にもよいGOENを!

デル株式会社

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA